京都 貴船 二条城 その1

8月14日

久しぶりに1人で京都に行ってきた。

1人で京都に行くなんて何年ぶりだろう。

二条城のライトアップを、会社の最寄り駅のポスターで知り、久しぶりに京都に行きたくなった。

 

最初の目的は二条城。

でも、元カノが何度も行きたがっていた貴船神社にも行くことにした。

貴船大好きだったなあ、あいつ…

そんなことを思い出してしまったから。

結局1度しか一緒には行っていない。

 

二条城はライトアップ。夜なので昼から家を出て貴船に向かった。

電車で出町柳まで行き、叡山電鉄に乗り換え貴船口まで行く。そこから神社までバスも出ているが、歩いていく。昔、彼女とも歩いていったから。

森の中の雨上がりの坂道をひたすら登る。汗がにじむ。たまに風が抜けると青々と葉の茂った樹々が揺れ、さきほど降った雨の雫を落とす、その冷たさに癒されながらまた登る。ひぐらしの鳴き声が360度聞こえる。川のせせらぎ。鳥の羽音。自然を感じながら登った。

貴船の本宮まででも結構距離があり、舗装されている道でなだらかな上り坂とはいえ、着物で登るのは辛かっただろうなんて考えながら本殿にお参りしようとしたのだが。人の多さに先に中宮へ行くことに。

中宮へは初めていく、前に来た時はここには寄らずに奥宮へ行った。中宮は少しこじんまりとした社だった。お参りして奥宮へ向かう。

奥宮は彼女が、一番好きだった場所。よく覚えている。貴船神社は全部好きだけど、この奥宮が一番好きだと。そう言っていた。前回きたときにはもう暗かったため、あまりわからなかったが、今回は少し彼女の気持ちがわかった気がした。彼女は自然が好きだ。自然の中に人の手が出来るだけ入っていないような神々しさというか、そういうものが好きだから、この奥宮が好きなのだろう。このベンチに座ったなとか、そういうことまで思い出して少し泣きそうになった。

それからまた本宮まで戻りお参りして帰ることに。帰りも歩いた。前回も歩いて帰り、途中で数匹だったが蛍を見つけ、探しながら帰った。

今回は蛍は見えない。